国際金融云々

グローバル金融情報をやさしくていねいに

<意見>「若手への押し付け」に見る、シニア層のヤル気の無さ

さまざまな企業が停滞する成長に対し、何とかしようと「若手」の意見を取り入れようとする流れが鮮明になってきていると思う今日この頃。

 

こんな記事見つけました。

www.businessinsider.jp

 

でました今はやりの『若手主導』。通常業務時間外に若手グループでなんらかの「変化」を生み出そうと、強制的にプロジェクトにコミットさせる奴ですね。停滞する企業や国の成長を促す起爆剤として若手に何らかのアクションを起こしてほしいとの想いなんでしょうか?個人的にはこの潮流をかなり批判的に見ています。

 

停滞の原因を作り出したシニア層は、停滞をもたらした責任を取る事無く、偉そうに高座から若手に変革への圧力を掛ける。「若手なんだから」、「若手に責任を」と日々の業務から中長期的な戦略立案にまで、その責任を押し付ける。

 

そして、シニア層は上から偉そうに意見をするのみ。「責任は取る」と言いながら、特にリスクを取るような選択はせず、なんとなく「やった感」を出す。

はたからみれば変化を生み出そうとしている、新しい潮流を理解しようとしている、と程よい解釈をすることも可能でしょうが、結局は「どうしたらわからないから若手に押し付けてやれ」という精神なのだ。

 

 

「ちっちゃい。せっかく『若手』と銘打って出そうとしている割に、とんがり方が足りない」

 

 

この部分に日本の悪しき文化が凝縮されている様に思える。とんがらず、減点主義の環境下で、自分の椅子を守ることだけを考え、社内(省内)政治にのみ注力してきたシニア層がよくもヌケヌケと「ちっちゃい」と言えたもんだ。変化への圧力が強まる中、定年までの数年間をしのぐ為に、若手の貴重な労働時間を生贄に捧げているだけではないのか。「若手」というカテゴリーに留まることなく、組織全体で変化を生み出さなければならない時なのではないか。何のための肩書きだ。何のための政治力だ。何のための公費留学だ。いざ変革が必要になったらその責任を若手に押し付けるためにこれまでキャリアを積み上げてきたのか。

若手主導で成長を促進できるのであれば、シニア層は不必要なのでは?本当に若手主導にしたいのであれば、権限(職位)・予算を明け渡すべきだろう。そして、ヤル気の無いシニア層はとっとと引退して頂きたい。

 

そもそも若手に押し付けるロジックは何なのだろうか?

 

おそらく、若手の方が変化の時代に育っているため、凝り固まった頭のシニア層よりも違った視点のアイディアが生まれやすいと思っているのだろうか?それこそ、変化についていけないシニア層は席を若手に譲るべきだ。生産できない層を高待遇で抱えているほど組織に余裕は無いのだ。

 

海外の事例を出すと反論ができなくなるのであまり言いたくは無いが、米国に住んでXX年、「若手主導で変革を」なんて聞いたことが無い。若手だろうがシニア層だろうが、変革を起こして価値を生み出せる人間こそが偉い。年功序列意識が強い日本の社会で、体裁だけ「若手主導」にしたって本当の変化は生じ得ないだろう。

 

記事中にも気になる箇所がチラホラ。

 

『メンバーは担当業務を行いつつ、本プロジェクトに参画。』

『65ページの文書の作成にかけた熱量は相当なものだ。半年以上にわたり、毎週1回の定例ミーティングを最低2時間開き、週末には合宿もした。深夜に及ぶロングミーティングも回数を重ね、次官とのディスカッションだけでも50時間をかけた。』

⇒出ました、本業をこなしながらも頑張らせた感!今はやりの労度時間改革はどこに行ったのでしょうか?片手間でやらせている所にヤル気の無さ、本気度の薄さを表している様に感じます。

 

『こうして「不安な個人、立ちすくむ国家」文書は、最終部分を削除の上で、完成を迎えた。』

⇒真相はどうでしょうね。単にシニア層に遮られたんじゃないでしょうか。結論が無いプロジェクトなんて意味の無いもので、問題提起だけして終了なんて公表するだけ無駄でしょう。

 

いいっぱなしではアレなので、解決策を。

若手に限らずプロジェクト回せる人材を重用することでしょうね。そしてその人に権限と金、人を裂くと。若手だのシニアだの年功序列を意識している間には本当の改革は無理でしょうね。責任の押し付け合いをしているだけですから。

 

www.bloomberg.co.jp

 

この記事の様に能力がある人を積極的に重用すべきですよ。若くても。社内でどれだけの地位を意味するのか分かりませんけど。

 

この短い記事からもわかるとおり、依然として年功序列意識・階級意識の強い日本の役所が本当の変化を起こせるとは到底思えない。官庁は日本の企業文化の縮図でもあるため、これが大多数の日本企業の考え方なのだろうと考えます。

 

いつも通りまとまってませんが、以上です。