国際金融云々

グローバル金融情報をやさしくていねいに

<意見>「若手への押し付け」に見る、シニア層のヤル気の無さ

さまざまな企業が停滞する成長に対し、何とかしようと「若手」の意見を取り入れようとする流れが鮮明になってきていると思う今日この頃。 こんな記事見つけました。 www.businessinsider.jp でました今はやりの『若手主導』。通常業務時間外に若手グループで…

<就職活動>資産運用の世界に入るために(機関投資家編)

資産運用の世界への就職を目指す学生さんのために、就職ネタをいくつか執筆したいと思います。 資産運用の世界に入るには、大きく3つあります。 機関投資家(生損保、信託)に入社 運用会社(所謂アセマネ)に入社 ファンドを立ち上げる 私は上記の1から2へ…

2017年5月12日 米国債券マーケット日誌

Embed from Getty Images マーケットコメント 米国債は▲7bpの金利低下。ニューヨーク時間朝に発表された米国CPIが市場予想を下回る結果になると、BEIの低下を巻き込みながら名目金利が大きく低下する展開に。米小売売上高も発表され、ヘッドラインが市場予…

2017年5月11日 米国債券マーケット日誌

Embed from Getty Images マーケットコメント 米国債は▲3bpの金利低下。オーバーナイトで欧州金利が上昇する中、米国債はやや金利低下でスタート。発表された米PPIが市場予想を大幅に上回ったことから、これまで燻っていたインフレへの懸念が一旦後退し、ブ…

2017年5月10日 米国債券マーケット日誌

Embed from Getty Images マーケットコメント 米国債は+2bpの金利上昇。欧州アジア時間には、リアルマネー勢からのここもと金利が上昇していた欧米国債への買いが目立ったことや、北朝鮮リスクが意識され、米国寄り付き時点で▲3bpの金利低下となっていたもの…

<金融報道>ローゼングレン米ボストン連銀総裁

Embed from Getty Images www.bloomberg.com 最近はFED高官の金融政策の方向性についての発言が目立ちますね。本日は、ローゼングレン米ボストン連銀総裁が後3回の利上げを支持しているとの発言を行っています。 報道によると、潜在成長率を超えるペースでの…

<金融報道>米国10年金利3.0%へ上昇か?

www.bloomberg.com PIMCOのグローバルクレジットのCIOであるMark Kiesel氏のコメントです。 彼によると、FEDによるバランスシート縮小によって、米国10年金利は中期的に2.75から3.0%まで上昇する余地があると発言しています。加え、トランプ大統領の減税策に…

2017年5月9日 米国債券マーケット日誌

Embed from Getty Images マーケットコメント 米国債は+1bpの金利上昇。米国企業の決算発表が進み、大型起債が相次ぐ中、NY時間朝方より緩やかに金利上昇。本日実施された米国3年債入札の結果は+1bpのテールが生じるなど、やや軟調な結果となったことや、ド…

2017年5月8日 米国債券マーケット日誌

Embed from Getty Images 2017年5月8日 マーケットコメント 米国債は+3bpの金利上昇。フランス大統領選挙において、マクロン候補が次期大統領として選出されたことから市場に安心感が広まり、欧州債券を中心に売り優勢の展開となりました。米国時間には、…